i2i無料WEBパーツ
なぜ仕事をするのか?なぜ働くのか?仕事とは?働くとは? -自己成長がすべてではない- - GOOD TO GREAT -就活、そして採用を科学する 最強就活.com-
Solomon就活


なぜ働きますか?

この問いに対して自分なりの答えを、早期に持つ必要があると感じます。就活だけの話だけではなく、それ以上に、将来のビジネスライフから翻って考えても、「なぜ働くのか」ということに対して、自分なりの意味を持った論理的帰結をしておく必要があると思うのです。

ヤン・カールソンは、著書「真実の瞬間」の締めでこのような寓話を使っています。

ある日、一人の旅行者がバルセロナのサグラダ・ファミリアを訪れました。辺りを歩いていると、道端で一人の石工が石を削っています。好奇心旺盛な旅行者は、その石工に声をかけました。

「あなたは、いったい何をしているんですか?」

するとその石工は、迷惑そうな顔をしながら腹立たしげにこう言いました。

「見て分からないのか。このいまいましい石を削っているんだ!邪魔だから、とっとと向こうに行ってくれ。」

旅行者は慌ててその場を離れ、しばらく歩いていると、別の石工が同じように石を削っています。その旅行者は、懲りずに先ほどと同じ質問をしてみた。するとその石工は、晴れやかな顔をして誇らしげにこう答えました。

「よくぞ聞いてくれました。私は今、世界で一番美しい大聖堂の基礎を作っているんですよ!」

この文章を分解してみましょう。私は以下の3つに分けてみました

1.自らの選択によりどう働くかを選択できるということ
2.その選択に対して自らの解釈及び意味付けを行うことができるということ
3.自らの解釈及び意味付けにより、充足も絶望もできるということ


まず、人は良い仕事をすることもできるし、適当に仕事をすることもできます。大聖堂の基礎を適当に作る人も中にはいるでしょうし、エクセレントな仕事をする人もいます。これはその人の選択次第です。そもそも働くのか働かないのかも自らの選択によって決めることができます。

次に、その仕事をする上で、仕事にたいしての自らの解釈や意味付けをすることができます(1と2は逆になる場合もあるかもしれません)。例えば、「自分の人生は全く意味がない。よってこの暇な時間をなんとか埋めないといけない。だから、石を削るために手を動かしているんだ」という人もいるかもしれませんし、「自分の人生は意味のあるものである。この大聖堂が出来上がれば、多くの人達の感動や幸せを見ることができる。その大聖堂は基礎がなければ、成り立たない。今、私はその大聖堂の基礎を作っている」という人もいるかもしれません。

自らの解釈と意味付けによって、「なんのためにやっているんだ」と虚無感に苛まれることもできますし、「偉大な仕事をした」と充足することも可能であるという事です。

さらに、仮説ではありますが、完成した暁の全容を思い描くことが出来てしかもその建設工事の一翼を担っている石工は、ただ目前の岩を見つめてうんざりしている石工より、はるかに生産的だと思います。要するに成果にも直結することであると思います。

充実したビジネスライフを送る上で、働くことを選択したのであれば、解釈や意味付けに対して論理的帰結をしておくことは非常に重要だと思います。

それでは、上記を踏まえた上で、私が考える「働くこと」や「仕事」について書いていきましょう。


仕事の報酬とは何ですか?

まず仕事の報酬に関して触れます。

「仕事の報酬とは何でしょうか?」

例えば「仕事の報酬は、給料や収入だ。」と答える方もいると思います。確かにその通りですし、そうだと思います。

しかし、本当にそれだけなのでしょうか?

最近、私は多くの経営者やその道を極められた方の書籍を読みます。
彼らが「なぜその道を進んでいるのか?報酬は何なのか?」と聞かれた際に、彼らの口から不思議なくらい「給料や収入だ。」とは出てきません。これはあくまで私が知っている範囲なので統計的な話です。

例えばイチローが給料や収入のために、野球をしているなどという記事を読んだことはありません。唯一読んだことがあるのが、「報酬を超える仕事をするのは、プロとして最低限しなければならないことだ」といったことぐらいでしょうか。その他にも、スティーブ・ジョブスの書籍にも給料のために仕事をするといった表現はなかったですし、ドラッカー、アインシュタイン、リンカーン、ダーウィン、エジソン、メイシーもしかり。

「別にこのような偉人になるつもりはない」と思われるかもしれません。しかし、その道を極めた人物として働き方でも学ぶ部分はあるはずです。

では、仕事の報酬が給料や収入以外にあるとすると、それは何なのかということです。

ここからは田坂広志氏の言葉も踏まえて進めていきましょう。

仕事の報酬とは、目に見えない報酬であり、以下の三つに集約されます。

「能力」「仕事」「成長」

「能力」とは、当然仕事をする上でよい仕事を残そうということで、能力が磨かれるでしょう。
「仕事」とは、能力を磨くことで、世の中に対して優れた「仕事」を残すことができるでしょう。
「成長」とは、仕事での困難を仲間と一緒に解決することで、一人の人間として「成長」していくことができるでしょう。

こういった見えない報酬まで考えて仕事ができたのであれば、仕事を楽しむ方法が今以上に広がるのではないでしょうか。

そして、私は世の中に「目的の報酬」「結果の報酬」があると考えています。
収入や給料や地位や名誉というのは、優れた仕事をした結果としてついてくる報酬です。
逆に今挙げた3つの報酬というのは、仕事をする目的としての報酬です。

ここで重要なことは、「目的の報酬」と「結果の報酬」を履き違えてはいけないということなのだと思います。物事には順序があります。目的があり結果があるのです。この原理原則や順序を間違えると、どちらも得られずに終わることになる様な気がしてなりません。

もし、「目的の報酬」というものを得るために仕事ができたのであれば、「仕事」の本当の喜びというのを感じられると思います。そしてその喜びというのが、人生を充実させる大きな要素ではないでしょうか。


得ることだけが仕事なのか?

とはいえ、お伝えした「能力」「仕事」「成長」を得ることが仕事の報酬なのかというと、それだけでもないと感じています。もっと先の世界があると思うのです。私自身、仕事を通じて感じています。

その答えが、次の一文に集約されています。

『掃除道』鍵山 秀三郎

一つ目の幸せは、してもらう幸せです。

二つ目の幸せは、自分でできるようになった幸せです。

三つ目の幸せは、人にしてあげる幸せです。

人がしてほしいことをしてあげれば喜ばれます。そんな人は頼りにされます。人にものを差し上げる、自分の身体と時間を使って何かをして差し上げる、相手の喜びをわが喜びとする。この幸せを大事にしていただきたいのです。


「してあげる幸せ」は三つの幸せの中でも最高の幸せです。


"自分でできるようになる"といった「能力」「仕事」「成長」を報酬として得ることも充実した人生かもしれません。しかし、それ以上に「能力」「仕事」「成長」を誰かのため差し上げる。こういった世界があるということではないでしょうか。


誠意を役立てるため

株式会社ワコールホールディングス代表取締役塚本能交さんは、以下のような言葉を残されています。


人はなぜ仕事をするのかと言えば、

報酬をえるためだけではなく、

自分の誠意を役立てるため。

私は本気でそう思っています。

それをきれいごとだと笑うようなら、

あなたはまだ、あなたの仕事に出会っていない。

本当ですよ。




組織で働くということ

ビジネスをする上で重要なことは、「他者へ貢献」が「自己実現」に繋がることです。似てはいますが、「自己実現」を目的として、結果「他者への貢献」へ繋がるとは違います。特に組織という"チーム"で働くのであればなおさらです。

よく起業家志望の学生さんともお話します。起業家志望が悪いとは思いませんが、そういった方に「自己実現」の結果が「他社への貢献」に繋がると考えている傾向が高いようです。

もし、起業家を目指されるのであれば経営者というチームのリーダーとして、「他者への貢献」という目的を前提として企業を経営してもらいたいなと感じます。

組織やチームにおいて他者に貢献できない人は、周りから協力を得ることはできません。もし、自分が周りからの協力を得る必要がないと考えているのであれば、まさにチームである必要がありません。チームでなく一人でやったほうがいい。個人事業主などやり方はいくらでもあります。

組織・チームというのは、自分の苦手なら分野を得意な人がやってくれることで、自分の得意な分野に対して最大限のパフォーマンスを出し貢献する場所です。一人でできないことを優秀なメンバーとともに力を合わせて偉大な成果を生むのです。

偉大なことをするために、周りの協力が必要だという単純な考え方もあります。しかし、それ以前に他者への貢献を理解できない人に周りが付いていくはずがありません。有能な経営者はこのことを十分に理解していると思います。


『就活の王道』を編集するにあたって

個人的な話ですが、過去に『就活の王道』という書籍を内定者で出版しました。

例えば、「凄い本を自分たちで本を作った」「本を作ったという伯が付いた」「自分たちはこの経験で成長した」といって自己満足していても、自己満足は一切ビジネスにはなりません。この本を多くの人たちが買いたい、読みたいと思ってくれて、初めてビジネスになるということを内定者プロジェクトを通じて知りました。これは非常に貴重な経験だったと思います。

よって自分たちの自己実現の前に、読んでいただく方への貢献が無ければ、到底ビジネスにはならないということです。

上記からも分かるように、採用レベルの高い企業では、即戦力となる人材・プロフェッショナルなビジネスパーソンを求めているため「なぜ働くのか?」「なぜ仕事をするのか?」を必ず聞いてきます。そこで多くの企業が成長意欲が高い人を欲しがるのは確かです。

ただし、その成長意欲があることを前提に、自らに対しての報酬が自分に向いているのか、それとも他者に向いているのかが、我々採用担当者にとって非常に重要なことになるのです。


最後に

今回「なぜ働くのか?」ということに関して書いてきました。

もう一度まとめると、「なぜ仕事をするのか」ということに関して、明確な人と不明確な人ではパフォーマンスに大きな差が生まれます。もし、今自分が持っている能力をいかんなく発揮しながら仕事がしたいと考えるのなら、「なぜ仕事をするのか」についてしっかり考える必要があります。

そして、就活する上でも「なぜ働くのか?」について考えるべき理由があります。
なぜならば誠意を役立てることを前提に、誠意を役立てられるような、誠意を役立てたいと思える会社を選ぶ視点も必要だからです。

「給料」「収入」は使い果たせばなくなってしまいます。

「能力」は技術革新や環境の変化によって価値が失われるかもしれません。

「仕事」はいつの日か物理的なことから存続が難しくなる。または、人々の心から失われてしまう可能性があります。

「成長」は生涯を全うした時に、失ってしまうのかもしれません。

しかし、「誠意を役立てるという人間性」というのは、人が存続し続ける限り、人から人へと存続していくものではないでしょうか。また、そうあって欲しいなと思います。


関連記事

なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ-


HRdirectionでは、一緒に「人材採用の本質を追究」するメンバーを募集しています。特に採用の戦略に関わるコンサルタントとインターン生の同志を募集しています。HRdirectionのオフィスをちょっと見てみたい、代表と少し話してみたいな!でも全然大丈夫ですので、お気軽にご連絡ください。
http://hr-direction.co.jp/recruit/
コメントはフェイスブックからどうぞ!





この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク RT @gokumagai: なぜ仕事をするのか?なぜ働くのか?仕事とは?働くとは? -自己成長がすべてではない-

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://saikyo-shukatsu.com/mt/mt-tb.cgi/323

コメント(12)

片山 雅之と申します。

働くの意義がよくわかりました。

私のブログに掲載させてください。

よろしくお願いいたします。

っっっっっh

理想を高くもたない人間は、他人が考えるその理想にすらいかないのであるから、理想を高くもたない人間は理想の高い人間より仕事の効率や人間関係などを上手くできないと考えた。
そもそも仕事とは生きるためにするものと考えれば辞めないのではないでしょうか。嫌になったから辞めるという若者の考え方には賛同できない。
ただ逃げているだけに感じる。
やりたいことがあって辞めるのであれば話は別だか。

最初の石工職人の話ですが・・・

「理想を高く言える事」が「仕事が出来る」という事にはならない、
ということを学生には言いたいです。

実際に仕事が出来る人間は目の前の現実と戦っている前者の気難しい職人かもしれません。理想を簡単に口にしないだけなのかもしれません。

逆に後者の職人は理想は語れるけど目の前の厳しい問題から目を背けて中途半端に取り組んでいる人間なのかもしれません。


理想を持つことは大事ですが、
その実現は非常に難しいのが「現実の社会」です。
理想を抱き過ぎないように。

今、あなたの目の前の相手・問題から目を背けない事。
それが一番大事。

あ、そういう点では前者の職人は愛想は悪いな(笑)

匿名 ってどう森に居た人?

>文系一年さん
コメントありがとうございます。仰るとおりです。19歳なのに素晴らしく色々と考えていらっしゃるのですね。こういったコメントをいただくと、嬉しい気持ちになります。
働く意味の持ち方次第で、生み出すものも変わってくるはずです。何が正しいかはわかりませんが、少しでも世の中や人々に貢献するようなものを生み出せるような働き方ができると良いですね!!

こんにちは
私は文系大学に通っている大学一年の者です。

私はまだ19歳ですが、『働く』ということに関して考えています。
といってもまだまだ現実味がないので就活生のようなしっかりとした考えができていかはわかりませんが・・・

このブログの文章を読んで私は確かに納得させられる部分が多くありました。それと同時にここに書いてあることは私が今までの学校教育の中で何らかの形で接したことのあるものだと感じました。
初めてしったのではなく、改めて思い出したという感覚です。

私は大学の授業の中で「最近の学生は就職してもすぐにやめてしまう」という言葉を耳にしたことがあります。
ここにある文章とその言葉を合わせて考えてみると、仕事をすぐにやめてしまう人は

1.自らの選択によりどう働くかを選択できるということ
2.その選択に対して自らの解釈及び意味付けを行うことができるということ
3.自らの解釈及び意味付けにより、充足も絶望もできるということ

この3つがうまくできていないため、自分のやっている仕事に対し疑問を感じ、そこから生まれるストレスや成果がでない自分への劣等感などが原因で退職してしまうのではないでしょうか。

そもそも、現代の若者とされる私たちのような世代は生まれたころから「不景気」という言葉しか耳にしていません。

「景気のいい日本」を知らないのです。

そのため仕事というものに対する考え方を柔軟に持つことができなくなってきているかもわかりません。

働くって難しいですね

こんにちは
私は文系大学に通っている大学一年の者です。

私はまだ19歳ですが、『働く』ということに関して考えています。
といってもまだまだ現実味がないので就活生のようなしっかりとした考えができていかはわかりませんが・・・

このブログの文章を読んで私は確かに納得させられる部分が多くありました。それと同時にここに書いてあることは私が今までの学校教育の中で何らかの形で接したことのあるものだと感じました。
初めてしったのではなく、改めて思い出したという感覚です。

私は大学の授業の中で「最近の学生は就職してもすぐにやめてしまう」という言葉を耳にしたことがあります。
ここにある文章とその言葉を合わせて考えてみると、仕事をすぐにやめてしまう人は

1.自らの選択によりどう働くかを選択できるということ
2.その選択に対して自らの解釈及び意味付けを行うことができるということ
3.自らの解釈及び意味付けにより、充足も絶望もできるということ

この3つがうまくできていないため、自分のやっている仕事に対し疑問を感じ、そこから生まれるストレスや成果がでない自分への劣等感などが原因で退職してしまうのではないでしょうか。

そもそも、現代の若者とされる私たちのような世代は生まれたころから「不景気」という言葉しか耳にしていません。

「景気のいい日本」を知らないのです。

そのため仕事というものに対する考え方を柔軟に持つことができなくなってきているかもわかりません。
「働く」とは生きていくために必要不可欠なもの
それは何らかの形で社会貢献するためではなく、お金を稼ぐために
そのような意識がここまで成長するまでに刷り込まれているかもしれません。
 働くことの意味って難しいですね。

>匿名さん
コメントありがとうございます。就活にしてもビジネスにしても本質をしっかり捉えることは本当に重要だと思います。しっかりと本質を見ることができたのであれば、問題から逃げるのではなく、向き合うことができると思いますよ。

こんにちわ。就活生です。
いきなりですが、私は壁にぶつかっていました。
周りの就活生が忙しくしている中で自分はモヤモヤしたのもに囚われているような・・・
そして次のことに気付きました。
就活に対しての悩みというより人生というか、まさになぜ働くのかということに対してぶつかっていると。
そして今回の熊谷さんのコラムを拝見し、とても参考にさせて頂きました。就活頑張ります!!ありがとうございます!!

熊谷さん、こんばんは。いつもブログを楽しく拝見させていただいております。今日のコラムもとても熱いメッセージが込められていましたね。働くことの原点を整理することができました。ありがとうございます。

コメントする

企業紹介

    HRdirection株式会社

twitter



プロフィール



    詳しい自己紹介はこちら
    【略歴】
    HRdirection株式会社 代表取締役

    【好きな本】
    ・理性の限界
    ・知的複眼思考法
    ・愛するということ
    ・自由からの逃走
    ・Free
    ・決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣
    ・仕事と幸福、そして人生について
    ・アニマルスピリット
    ・夜と霧
    ・ブラックスワン
    ・最強組織の法則
    ・ビジョナリーカンパニー2
    ・人を動かす
    ・「原因」と「結果」の法則
    ・ローレンツカオスのエッセンス
    ・カシコギ

    【好きな言葉】
    「あなたが無気力に生きた今日は、
    昨日苦しんで亡くなっていた人たちが、
    あれほど生きたいと願った明日」
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

RSS 1.0RSS 2.0

ane会

    Ane(アネ)会は「人生を楽しむお姉さんのためのライフスタイル」を提供しています
    ane会



Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー



ブログランキング

    今日のランキングは何位?
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
    sblog88.gif