i2i無料WEBパーツ
定量分析と定性分析について - GOOD TO GREAT -就活、そして採用を科学する 最強就活.com-
オファー[OfferR]

定量分析と定性分析について

| コメント(0) | トラックバック(0)



博報堂は4月14日、テレビCMの効果を測定するサービス「Best HIT」のレポートを、ASPによりウェブで提供するサービスを開始した。2007年10月以降のCM調査データを提供する。

Best HITは、「最近気になるCM」を視聴者が投票し、評価する。CMの注目度や好感度のほか、製品力やブランドイメージ力などのブランディング効果も測定している。また、その商品やサービスに対して「興味を持った」「自分にふさわしい」「実際に買いたい」「詳しい情報を知りたい」「人に話したり薦めたい」などの点についても調査している。

データは毎週更新される。この調査を活用して、企業のホームページアクセス数や検索連動広告数、電話コール数や資料請求数、商品販売量などとの関係を分析し、CMを基点にしたクロスメディア効果や販売促進効果の検証も可能とのことだ。
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20391698,00.htm

今回はこの測定するサービスについて少しお話していきます。今回のような測定サービスは定量分析と呼ばれます。当社が行っている広告効果測定システムADCを使用した分析も定量分析です。
それではその定量分析とは何なのかについてお話していきましょう。

まず、定量分析とよく対になる言葉として定性分析という言葉があります。
どちらももともとは化学で使用されている言葉になります。さらに、ビジネスの世界でも使われます。


定量分析

試料中にある成分量を決定するために実施する化学分析である。試料中の成分が未知である場合は、定量分析に先立って定性分析を実施します。ようするに、与えられた物質がどのような元素郡を含むか(何が含まれているか)を知るのが目的になります。


定量分析方法

1.比較・差異による分析
比較・差異はわかりやすい分析方法で、二つ、三つのものを比較し、その違いがどこにあるかに注目する。市場シェア、売上げ、コスト、価格などを分析したり、顧客満足度を調査し、それを数値化するときに使う。

2.時系列による分析
時間を追ってどう変化しているかを分析するとき、時系列の手法を使う。
多くの企業は、昨年度と比べて売上げはどれくらい伸びたか、あるいはシェアは拡大したかということは気にするが、五年前、一〇年前からの変化を追っている企業はほとんどない。経営企画の担当者などが、中期計画をつくるときに数年分のデータを時系列で見ることはあるが、一〇年、二〇年単位でものごとを見る人は企業の中にはほとんどいない。
だが、長いスパンで見ることによって、企業が気づかなかった実態が浮かび上がってくることも多い。

3.分布による分析
さまざまな事象に関し、そこに何らかの相関関係があるのかないのか、あるいは特異点や異常点があるのかないのかを分析するときに使うのが分布の手法だ。分布の手法で分析する場合、散布図を使うことが多い。

4.因数分解による分析
問題を要素に分解し、本当の原因にたどり着くための分析手法が因数分解だ。問題をどんどん分解していき、最後のポイント、最も重要な原因はどこにあるのかを探す。

定性分析

ある試料にどんな成分が含まれているかを調べることである。成分が何であるかを明らかにすることを同定ともいう。化合物の構造決定を行うことも含まれます。
ようするに、与えられた物質に目的の成分がどれだけ含まれているかを知るのが目的になります。



例えばモバイル広告業界を例に取ります。
■定量分析
広告効果測定ツールを使いました。
「A社のバナー『01.jpg』とバナー『02.jpg』ではCVRで0.5%『01.jpg』が高い。」これが定量分析。

■定性分析
広告効果測定ツールを使いました。
「A社のバナー『01.jpg』とバナー『02.jpg』ではバナー『01.jpg』が色、キャッチコピー、構図が経験則上、秀逸なため広告効果が高いといえるであろう。」これが定性分析。

これが新卒採用業務であれば以下になります。
■定量分析
心理テストや学力テスト等の数値で判別できるもの。

■定性分析
高次選考などで面接官の経験則からヒアリングを行い判断するもの。

上記のような感じで使われます。
ビジネスの世界では多くの場面で使われるので、正確な言葉の定義が難しい一面がありますが、知っておいた方がいい単語になります。

さらに、定量分析、定性分析の手法としてKJ法、特性要因図(フィッシュボーン)、ディシジョン・ツリー、ベイジアン決定理論といった手法がありますので次回お話していこうと思います。

定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法

HRdirectionでは、一緒に「人材採用の本質を追究」するメンバーを募集しています。特に採用の戦略に関わるコンサルタントとインターン生の同志を募集しています。HRdirectionのオフィスをちょっと見てみたい、代表と少し話してみたいな!でも全然大丈夫ですので、お気軽にご連絡ください。
http://hr-direction.co.jp/recruit/
コメントはフェイスブックからどうぞ!






この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク RT @gokumagai: 定量分析と定性分析について

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://saikyo-shukatsu.com/mt/mt-tb.cgi/340

コメントする

企業紹介

    HRdirection株式会社

twitter



プロフィール



    詳しい自己紹介はこちら
    【略歴】
    HRdirection株式会社 代表取締役

    【好きな本】
    ・理性の限界
    ・知的複眼思考法
    ・愛するということ
    ・自由からの逃走
    ・Free
    ・決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣
    ・仕事と幸福、そして人生について
    ・アニマルスピリット
    ・夜と霧
    ・ブラックスワン
    ・最強組織の法則
    ・ビジョナリーカンパニー2
    ・人を動かす
    ・「原因」と「結果」の法則
    ・ローレンツカオスのエッセンス
    ・カシコギ

    【好きな言葉】
    「あなたが無気力に生きた今日は、
    昨日苦しんで亡くなっていた人たちが、
    あれほど生きたいと願った明日」
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

RSS 1.0RSS 2.0

ane会

    Ane(アネ)会は「人生を楽しむお姉さんのためのライフスタイル」を提供しています
    ane会



Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー



ブログランキング

    今日のランキングは何位?
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
    sblog88.gif