i2i無料WEBパーツ
なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ- - GOOD TO GREAT -就活、そして採用を科学する 最強就活.com-
オファー[OfferR]

なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ-

| コメント(12) | トラックバック(2)


『成長のジレンマ』
これは勝手に命名させてもらいました。多くの就活生・社会人が陥いるであろうジレンマです。

本当に成長する人は周りに貢献し、周りの助けを得ることができる人

まず、前職で内定者だった頃の私と社長との会話を紹介します。

「自分の成長を考えている人と他人への貢献を考えている人、どっちが成長すると思う?」

社長からこう聞かれ、今考えると恥ずかしいのですが、私はこう答えました。

「自分の成長のことを考えている人だと思います。」

私がそう答える理由はいたって単純でした。なぜなら就職活動で出会った社会人は、得てして自分に対する成長意欲が非常に高かったからです。

しかし、私の答えに対して社長はこう教えてくれました。

「それは違う。恐らく、どちらの人も速度は違えど、成長するはずです。しかし、本当に成長する人は周りに貢献し、周りの助けを得ることができる人です。」

当時「なるほど。確かに。」と納得したことを覚えています。しかし、実際にこの言葉の意味を理解することになるのは、採用担当を始めて半年くらい経った頃でした。その言葉の意味について書いていこうと思います。

成長意欲をアピールする就活生

よく就活生の面接をしていると、「御社で成長できると思ったからです。」「御社でなら新しいビジネスに取り組めるチャンスがあると思ったからです。」という学生が後を絶ちません。恐らく「成長意欲があります」ということをアピールしたいのでしょう。

確かに成長意欲が無い人よりは、成長意欲があった方が絶対的に良いと言えます。しかし、上記の発言をする人は基本的にNGです。
なぜ成長意欲をアピールするのはNGなのでしょうか?そして、このエントリーの題材にもなっている、なぜ成長したい人ほど成長できないのかについても解き明かしていきましょう。

人は分業するという選択をした

まず仕事のあり方についてです。
18世紀のイギリスの自由主義経済学者アダム・スミスが、『国富論』の第一編において分業を論じています。それ以降、人は分業システムを理論的に定式化させました。そして人は、信頼と責任をベースに仕事をすることを始めたのです。

もう一度言います。人は、信頼と責任をベースに仕事をすることを始めたのです。

分業が確立される前までは、一人で自分のためにでも良かったのかもしれません。しかし、分業を選んだ以上、自分のことしか考えていない人は、そのコミュニティから弾かれる事になります。これを現在のビジネスに置き換えてみよう。

例えば、分業していると多くの人が一つのプロジェクトに携わります。よって仕事を依頼しなければならない。また、仕事を請けなければなりません。その中で「自分の成長を考えている人」と「相手への貢献を考えている人」のどちらに仕事を任せたいでしょうか。恐らく後者でしょう。社内然り、顧客然りです。結局、自分の成長を強く望んだとしても、自分の成長に繋がるような仕事を与えてもらえないのです。これが、成長のジレンマであると私は考えます。

良い仕事をする人に良い仕事が回ってくる

さらに、自分の成長を望む人間は得てして競争を好みます。なぜなら、いかに成長するチャンスを得るか、が目的になってしまうからです。しかし、相手の貢献を望む人間は競争を好みません。なぜなら、競争をせずとも貢献はいくらでもできるからです。

目的が「奪う」ではなく「与える」ということなのです。

さらに、競争心がモチベーションとなって行動する人は、それ以外の人、たとえば克己心などをモチベーションにする人に比べ、いい結果が残せないという研究結果があります。

たとえば七歳から十一歳の女の子を集めてふたつのグループに分け、それぞれにコラージュを作ってもらいます。一方のグループにはこれは競争であると言い、もう一方のグループには何も告げず自由に作らせました。そしてできあがった作品を、プロの芸術家たちに評価してもらいます。 その結果、競争した子どもたちの作品のほうが単純で、自由な発想に欠け、「条件を与えられなかったグループよりも、驚くほど創造性が低い」ことがわかったというのです。

競争はまた、仕事の質も低下させます。テキサス大学のロバート・ヘルムライク教授は、自然科学の分野で博士号を持つ人百人以上の著作を調べました。その結果、専門分野への興味や自分で決めた目標を重んじる研究者のほうが、競争を重んじる研究者よりも、質の高い仕事が多いということがわかったそうです。

ヘルムライクによると、航空機のパイロット、予約代行業などそのほか九つの職業でも、同じパターンが見られたとのことです。
良い仕事が出来なければ、次に良い仕事は与えられない。これも成長のジレンマです。

企業は組織に貢献できる人を求めている

話を就職活動に戻しましょう。
面接やエントリーシートを見ていてよく出てくる発言が以下の内容です。

「御社ならキャリアを詰めると思ったからです。」
「御社であれば裁量権があり、すぐに成長できると思ったからです。」
「御社の環境なら自分の力が発揮できると思ったからです」
「御社でならMBAが取れると思ったからです。」

改めて言います。こういったニュアンスの発言や質問の類はNGである。採用担当官は間違いなく、貢献の意識を理解できていない人より理解できる人を採用します。いかに向上心や成長意欲が強く成長した結果その会社に貢献できるとしてもです。

ある程度優秀な人材であれば、そもそも向上心や成長意欲があって当たり前だと我々は考えています。中には優秀さに甘えている人もいますが。よって、自己の成長意欲をアピールしている人はただのエゴイストにしか見えません。

「自分が成長した結果、貢献する」であっても、そもそも自分の成長が目的になっている人は、結局エゴイストとみなされてしまう場合が多いです。結果、成長もできなければ、チームワークも乱すとみなされても仕方が無いのです。これでは、採用したくてもできない。

本来あるべき姿は、チームでビジネスをする以上、自己の成長意欲といった利己主義ではなく、企業への貢献といった利他主義をアピールしなければならないということです。
よって面接やエントリーシートで書くべき事は以下のようになります。

「私の力を使って、クライアントを成功へ導きたいからです。」
「私の今までの経験で、御社の利益創造に貢献したいからです。」
「より一層学習し、これから入ってくる社員へのナレッジを蓄積します。」

といったことが、企業が求めていることです。これを表面上で共感するのではなく、理解し、実践できるようになることが重要なのです。

わかりやすく説明するために上記のような例を取り上げましたが、こういった類の事を書くと「綺麗事だ」「社畜だ」などという批判が出てくるでしょうね(確実に)。それはそれで勝手に言っていれば良いかと思います。

ただ、ここで伝えたいことは、会社に従えやおべっかを使えということではなく、ベクトルをどちらに向けるかと言うことです。

私の理想としては、企業をも凌駕する様な大きな世界のため人のためという意識を真に持ってもらうと良いのではないかと思います。

最後に

社会人になって学生の頃よりもお会いする社会人の方が絶対的に増えたことも原因かもしれませんが、真のプロフェッショナルなビジネスパーソンと呼ばれる人とお会いできるようになりました。そこで気付いたこと、それは真なるビジネスパーソンは、自分の成長に着目はしていませんでした。他者への貢献に着目し、結果成長していたということです。

成長が目的となる人には、周りが成長の機会を与えない可能性があります。そして、成長の機会を自ら逃すことになります。「成長したいのに成長できない」これが『成長のジレンマ』だと思うのです。


なぜ仕事をするのか -自己成長がすべてではない-

最速内定を目指すなら

オファー -【保存版】就活・インターンで使えるロジカルシンキング

HRdirectionでは、一緒に「人材採用の本質を追究」するメンバーを募集しています。特に採用の戦略に関わるコンサルタントとインターン生の同志を募集しています。HRdirectionのオフィスをちょっと見てみたい、代表と少し話してみたいな!でも全然大丈夫ですので、お気軽にご連絡ください。
http://hr-direction.co.jp/recruit/
コメントはフェイスブックからどうぞ!






この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク RT @gokumagai: なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ-

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://saikyo-shukatsu.com/mt/mt-tb.cgi/412

現実に社会は格差を生んでいます。世界で裕福な上位1000人が保有する純資産の総額は、世界の最低貧困層25億人の資産総額の約2倍に相当するという現実があり... 続きを読む

なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ-という記事を読んで、考えたことがある。 それは、「会議で発言する人としない人がいる。」ということ... 続きを読む

コメント(12)

確かにグレーゾーンなのかもしれませんね。人の価値観というのもありますし。
働くということは人生の大半を占めます。よって、今回の記事が、これからビジネスの世界にプロとして進む人の、良い意味で問題提起になれば嬉しいなと思います。

今日先輩からの勧めで拝見しました。就活中の大学生です。
なんだかもやもやしていたグレーゾーンだった事が、見えてきました。
実際にまだ働いていないので、本心から”そういうことか”と実感はできていないのかも知れません。しかしこのお話は本当に得るものがありました!

「そうなんだ!確かに!」
ありがとうございます。

成長は自分の力を高めるということだけでなく、持てる力を
どう活かすかということまで考えて結果を残す(=貢献する)
ことで計られることがよく分かります。

確かに「出来る」「出来る」と言ってても何もしないので
あればそれまでですが、実際に結果を残す(=貢献する)
ことが出来ているとその経験からさらに能力を高めたり
自分の限界を伸ばせるのだと思います。

完全に前者の考えでした。
仕事に就いたら意識したいと思います。
また、自然科学分野でも戦っている身分なので非常に参考になりました。

前職でのこと。社長の独断で成長意欲のある人間求むといった求人広告を出した。見事に成長意欲のある人間が集まってきた。能力が高い人間も多かった。中にはIB出身者もいた。中にはいい人もいた。
しかし、まったくうまくいかなかった。そのような環境で働いた人間しか分からないと思うが、自分の成長しか考えてない人間と一緒に働くのは地獄だ。エゴイストが集まるとどんなにいい会社でも一瞬にして廃れることを実体験した。
ここに書いてある内容を当時読んでおけば良かったと思う。

なにやら色々とコメントがついていますが、ここに書いてあることは本当に大事だと思いますよ。今まで多くのビジネスマンの取材をしてきましたが、多くの方は筆者と同じような意見を持っていらっしゃいます。

私も人事をしているが、ここで書かれていることは就活生は知っておくべきだと思う。実際に自分のことしか考えていない人というのは意外にも多い。でなければ、多くの企業が「成長できる」や「起業家求む」といった求人広告を出さないはずである。筆者は逆にベンチャーの採用らしくない。

さらに、あくまでも筆者は利己的な部分を排除せよと言ってはいない。就活において、利己主義な発言をする学生が多く、それでは就活で損をしてしまうよということが言いたいのだろう。

論理的矛盾やらなんやらと色々書かれているが、就活生はこれを理解できていないと多くの企業から評価されない結果になることは間違いないと思う。これは人事をしていると当たり前に思うことである。

>「それは違う。恐らく、どちらの人も速度は違えど、成長するはずです。しかし、本当に成長する人は周りに貢献し、周りの助けを得ることができる人です。」

これに全部集約されてると思うんだけど。
まったくの事実で、なんら疑う余地は無いね。

ほとんどの仕事の場合、「会社への貢献=限定された集団での評価」ではないでしょうか。
しかし、若者たちの成長過程には、不景気によるリストラなどを目の当たりにしたことで、「より広く評価される能力=社会的に価値のある能力=お金に換わる能力」を求めるのでしょう。
そのため、経験の浅い社員の考えがわからないと思います。
会社は貢献を望む前に、安心を与えてあげてください。

成長を望む社員に、それを与えたときの成長は目を見張るものがあります。
問題は教育方法なんです。
残念ながら社会の教育レベルというのは、止まっています。

就職活動中の皆さんは、このことを知っておいてください。我々はこの社会を構築してきましたが、問題も多く残しています。それを知った上で、がんばってもらいたいと思います。

文章だけを読むと非常に日本的な仕事の在り方、すなわち、自己を捨てて会社のために貢献しろ、という在り方に読めます。

それはそれでありなのですが、社員に自己を捨て、己の成長をあきらめさせることを強いるのであれば、会社側でも、給料なり待遇なりでそれに報いるだけの対価を用意しなければならないと思います。あなたの会社では社員に自己を捨てさせるだけの対価をご用意されておりますか?

会社側の情報発信に、問題があると思います。
会社側は成長志向の人材を求めている。という情報に騙され、就活生は自分を成長志向に見せようと、成長志向に傾けた発言をしているからです。

この先にあなたに面接される就活生のために、言わせてください。
『その人の成長したい発言を聞いたとき、本当にその人が、そう考えているのか確かめてあげて欲しいと思います。』

コネとか権力のある人が成長するようになっているが正解

コメントする

企業紹介

    HRdirection株式会社
    オファー[OfferR]

twitter



プロフィール



    詳しい自己紹介はこちら
    【略歴】
    HRdirection株式会社 代表取締役

    【好きな本】
    ・理性の限界
    ・知的複眼思考法
    ・愛するということ
    ・自由からの逃走
    ・Free
    ・決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣
    ・仕事と幸福、そして人生について
    ・アニマルスピリット
    ・夜と霧
    ・ブラックスワン
    ・最強組織の法則
    ・ビジョナリーカンパニー2
    ・人を動かす
    ・「原因」と「結果」の法則
    ・ローレンツカオスのエッセンス
    ・カシコギ

    【好きな言葉】
    「あなたが無気力に生きた今日は、
    昨日苦しんで亡くなっていた人たちが、
    あれほど生きたいと願った明日」
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

RSS 1.0RSS 2.0

ane会

    Ane(アネ)会は「人生を楽しむお姉さんのためのライフスタイル」を提供しています
    ane会



Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー



ブログランキング

    今日のランキングは何位?
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
    sblog88.gif