i2i無料WEBパーツ
GOOD TO GREAT -就活、そして採用を科学する 最強就活.com-: 2010年6月アーカイブ



2010年6月アーカイブ



****************************************
現在就職活動に取り組んでいる大学3年生、または、まだ内定を獲得していない4年生のあなた!こんな悩みをお持ちでありませんか?
●     履歴書(エントリーシート)に何を書いてよいか分らず、さっぱり筆が進まない
●     履歴書(エントリーシート)を効率よく書き終えることができない
●     履歴書(エントリーシート)を書き終えてみるとイマイチ何を伝えたいのかよく解らない文章になった
●     履歴書(エントリーシート)を具体的に添削指導してくれるメンターがいない
****************************************


【参加お申し込み】
下記のお申込みフォームからお願いいたします。
https://form.os7.biz/f/3e6e686d/ ※紹介者欄に「最強就活」と記載してください。

このセミナーでは、学生自身がきちんと自己分析をし、
?あなたはいったい何者か ?どんなことに心血を注いできたか ?出願先の会社のどこに魅力を感じて応募したのかを発見していただくことが大前提です。しかしながら、どうすればそれを紙にうまく表現できるかといった問題や、効率的にスラスラ文章を書くことができるのかその方法論についてわかりやすく説明したいと思います。

もしかして、履歴書(エントリーシート)について、あなたはこんな風に勘違いをしていませんか?
●     文章を書くには才能が必要だ
●     大量の枚数を仕上げるには、とにかく急いで取り掛からなければいけない
●     文章は「起承転結」で書かないといけない
●     作文(小論文)と履歴書(エントリーシート)は、それぞれ別の能力を試されている
●     とにかく自分の能力を詰め込んで、いかに優秀かをアピールしなくては…
【なぜいま書く力を高めなければいけないのか】
●     書く力がつくと、社会に出てから独り立ちをして、道を切り拓くちからが身につきます
●     書く力がつくと、社会人として必要な企画力、文章力、説明力が身につきます
●     書く力がつくと、読む力、話す力も自然に高まります
●     書く力がつくと、仕事も勉強も取り組むべき課題がみえ、意欲が高まります
書く力がつくと、自ら考え行動し、問題意識をもって生きることができます
【参加お申し込み】
下記のお申込みフォームからお願いいたします。
https://form.os7.biz/f/3e6e686d/ ※紹介者欄に「最強就活」と記載してください。

【開催概要】
○日時
2010年7月2日(金)19:00?21:00 
※18:45?受付・開場
○場所:「あうるすぽっと」豊島区立舞台芸術センター
〒170?0013
豊島区東池袋4?5?2 ライズアリーナビル3階 A会議室
TEL.03-5391-0751 
地図⇒ http://www.owlspot.jp/access/data/owl_kouiki.pdf
【交通案内】
東京メトロ 有楽町線 「東池袋駅」6・7出口直結
JR「池袋駅」東口より徒歩10分
○内容:
※作文実習教室 50分 800字で実際に履歴書の元となる「作文」を書いてもらいます
19:00 講師紹介
19:05 作文記述にあたって注意事項など
19:10 作文記述 作業時間
20:00 休憩
20:10 履歴書(エントリーシート)、作文(小論文)記述の極意
21:00 終了
※その他特典あり
○講師 リテラシー・プラス代表 木村 ミツヒロ
<講師プロフィール>
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身
大学卒業後、商社を経て新聞社に転職。東京本社、名古屋支局で記者として活躍。中部経済記者クラブなどに所属しながら、モノづくり企業現場の取材、若手企業家、街ネタの執筆など幅広く取材。現在は雑誌の企画部門に所属。学生への履歴書(エントリーシート)、作文・小論文ライティングの添削指導を行っている。目標は、より多くの学生のリテラシー(読み書き能力)向上を指導し、目標を突破する力を養うお手伝いをすること。
**********************************************
参加費:  2,000円 (教材費・会場費)
出来る限りお釣りのでないようお持ちください
持参物:  シャープペン(または鉛筆B以上)、消しゴム、ノート
注1)    ご提出いただいた作文は、後日、添削をして各自へ返却いたします。PDF形式にして、メール添付にて返却とさせていただきます。
注2)    ご提出いただいた作文は、今後弊社の教材に指導例として使用させていただく場合がございます。その場合、個人情報保護法に留意し、匿名にて使用いたします。
【本件に関するお問い合わせ先】
リテラシー・プラス
TEL:090-5569-1073  メールm.kimura48@gmail.com
【参加お申し込み】
下記のお申込みフォームからお願いいたします。
https://form.os7.biz/f/3e6e686d/ ※紹介者欄に「最強就活」と記載してください。




最近よく「価値観のあった会社で働くべきだ」という事をよく言われるようになりました。

私も価値観の合った会社で働くことは重要だと考えています。もちろん選考においても重視しているため、価値観を分かち合えるのかという視点で質問を投げかけます。


精神的苦痛は、時として肉体的苦痛以上に耐えられない

普段あまり意識していないかもしれませんが、人は生きる上で「何を大切にしながら(価値観)、何を達成したいか(ビジョン)」をそれぞれ独自に持っています。一方で会社も、それぞれが異なったビジョンと価値観を持っています。

多くの人は会社を選ぶうえで、待遇や知名度、安定感などを優先してしまうのかもしれません。もちろんそれらも大切な要素です。しかし、もし会社の目指すビジョンと価値観が、自分とずれていたら毎日働いていて辛くないでしょうか。

精神的苦痛は、時として肉体的苦痛以上に耐えられないのです。

ある金融機関に就職した私の知人がこんな事を話していました。

「僕は大学時代に引っ越しのアルバイトをしていた。肉体労働で金を稼ぐのは本当に大変だった。だから、ホワイトカラーとして高給を貰える金融機関へ就職した。だけど、入社してある事に気付いた。それは、肉体労働以上に過酷な世界がここにはあったということだ。さらに、肉体労働だから大変というのは浅はかな考えだったということだ。

 肉体労働以上に、精神的にこの仕事は厳しい。もちろん、お金のためと割り切れる人間にとってはそう厳しくもないと思う。上司から”儲けるためだったら死ぬ気で働け”と理不尽な事を言われても、”そうですね”と自分の中で消化できるからだ。

 しかし僕は、金融機関であれば安定していて、両親も喜んでくれると思って入社を決めてしまった。仕事に対しての使命感もあまりなく、人生はお金がすべてでは無いと思う僕にとって、この現状は苦痛以外の何物でもない。一緒に働いている僕の周りもこう考えている人がほとんどだ。そんな人の苦痛を和らげるために、この高給が支払われているのだと。」

この話は少し極端かもしれませんが、合わない会社に勤め続けるのは辛いのでしょう。待遇や知名度、安定感などでは埋められないほどに。会社で働く人にとっても辛そうに働いている人を見るのは良いものではないでしょうし、業績も上がらないはずです。

会社が悪いわけでもない。自分が悪いわけでもない。

反対に、ビジョンや価値観の合う会社に勤めらたのであれば、人は放っておいても生き生きと働けます。
価値観の合った会社で働いている人にとっては、楽しく働いているのに、給与まで支払われるという感覚なのでしょう。給与をいくら貰えるかという世界で我慢して働いている人にとっては、「甘い」と感じるのかもしれません。しかし、知らないだけで世の中にはそれを実践しており、かといって給与水準が低くない企業が少なからずあるのです。

さらに、組織にとってもよい影響を与えます。
ルールだけで縛り付けるのではなく、企業理念・価値観や企業ビジョンに共感するメンバーの集団を目指し、より強固な求心力ある組織体を実現していくことができます。

リスクマネジメントについても同様です。全てのトラブルをルールでカバーできるわけではありません。想定できないトラブルも当然発生します。そうした事態に直面したときに、メンバーがどのように判断し、どのような行動をとるべきかの基準や考え方の根幹は、それぞれの企業の持つ理念や価値観に結びついているのです。これらが、結果として好業績につながっていきます。

会社が悪いわけでもなく、自分が悪いわけでもなく、「なんとなく合わない」。

ここにビジョンや価値観が関係しています。これがどういうことなのか、働く前に考えて欲しいというのは酷かもしれませんが、就職活動をする上でしっかり考えてみてください。



____________________________
今年も開催!6月19日(土)@東大本郷キャンパス
「チームで学ぶマーケティング講座主催」講演会&事業計画発表会 開催!
____________________________

3ヶ月間かけて、大学生がゼロから学び、考えぬいた事業計画を発表します。
社会で大活躍中の豪華ゲスト多数襲来!
パナソニック株式会社 役員 宮部氏による講演もあります!
また、発表会後には懇親会も予定されています!
 
・3か月でどのような事業案が出来るのか興味のある方
・宮部氏の講演を聞きたい方
・いろいろな環境の人と接してみたい方
・次期講座に興味のある方
少しでも興味をお持ちいただいた方にはぜひ足を運んでみてください!

昨年度の講座の様子(発表会の様子ではありません):
http://www.youtube.com/watch?v=zqMLiqJJIRE

【日程】 平成22年6月19日(土) 13時半開場、14時開始(懇親会:18時開始)

【会場】 東京大学 本郷キャンパス 農学部 1号館 8番教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_01_j.html

【費用・参加人数】
学生&社会人 先着150名限定 ※服装自由
参加費:500円(会場の関係でご協力をお願いしております)
懇親会(希望者のみ):2000円

【参加申し込み】
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P16884518
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P16884518

申し込み期限は当日6月19日です。
前日にリマインダーメールを差し上げたいので、申し込みをお願いいたします。
また、定員制となっていますのでお早めにお申し込みください。

【講演者紹介】
宮部 義幸 氏
パナソニック株式会社 役員
-略歴-
昭和58年 松下電器産業?入社
平成11年8月 同社デジタルネットワーク戦略推進室技術・アライアンス戦略
       グループリーダー
平成12年6月 同社eネット事業本部eネット戦略企画室事業戦略
       グループリーダー
平成15年1月 同社RD企画室長
平成15年9月 同社コーポレートRD戦略室長兼産学連携推進センター所長
平成20年4月 同社役員(現任)

【参加申し込み】
パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P16884518
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P16884518

お問い合わせは「チームで学ぶマーケティング講座」運営チーム
( mctl2010_inq@googlegroups.com )
または、運営リーダー石川(ishikawa.y.abあっとtitech.ac.jp) までどうぞ。
また、この講座や発表会の詳細についてはホームページ
( http://okadajapan.web.fc2.com/ ) をご覧下さい。




iPhone 4とiPhone 3GSの違いを、非常にわかりやすく表した画像を発見。iPhone 3GSから買い換える方は、一度見ておくと良いと思います。


Photo by : mahalo.com





今期就職活動を始める予定の皆様へ

大不況、そして不安定な政治。
日本は今、大きく揺れています。
そんな中で、金融が経済・政治に与える影響はますます大きくなっています。

今回のイベントでは、クレディ・スイス証券の方々をお招きし、
世界経済におけるアジアのポジショニング、
アジアの中の日本についてお話をいただきたいと思います。

日本にいる外資金融がどのようなミッションがあるのか、
クレディ・スイス証券の他社とは異なる強みは何か、を伺い、
外資金融機関、特にクレディ・スイス証券の働き、
世の中での役割も知っていただければと思います。

外資金融期間への就職を希望する方から、
なんとなく今後の社会に興味がある方まで、
多くの方にオススメです。
----------------------
■■概要■■
【日程】 6月27日(日)
          ★第1回講演:13:00-15:00 ★第2回講演:15:00-17:00
※上記、第1・2回とも同じ内容です。いずれかをお選びください。

【会場】 芝蘭会館 別館 2階 (研修室1)
京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内
※京大正門前より徒歩2分
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm

【対象】 京都大学 学部3回生、院1回生(2012年卒業見込みの方)
          及び2回生も参加可能!

【定員】 1回あたり40名程度
  ※応募多数の場合は抽選となります。
  ご当選者には、追って当日のご案内をお送りいたします。

【持物】 筆記用具

【共催】 クレディ・スイス証券株式会社・株式会社グーデックス(AdStyle運営会社)
----------------------
■■プログラム■■
【会社・インターン紹介】
クレディ・スイス証券の会社案内とインターンシップの紹介をしていただきます。

【部門紹介】
各部門の方々から、それぞれのお仕事について伺います。
同じ会社でも、各部門で行っていること、学べること、感じることが違います。
興味を持って聞いてみてください。

【全体での質疑応答タイム】
社員の方々に直接質問ができます。
今までのお話の中で興味を持ったことをどんどん質問してください!
----------------------
■■こんな方に特にオススメです■■
・これから就活を始めるが、特になにも準備していない方
・日本がこれからどうなるかなんとなく不安な方
・日本経済に問題意識を持っている方
・金融機関への就職に興味がある方
・サマーインターンに興味がある方
----------------------
■■参加お申し込み方法■■
Ad-Styleの申し込み画面より、必要事項、参加の動機を記入のうえ
お申し込みください。
⇒ URL:http://adstyle.co.jp/

【締切日】 6月18日(金)18:30まで
※申込多数の場合は、抽選にて当選者に追ってご連絡申し上げます。
キャンセルが発生した場合には、追加募集をいたします。
なお、申し込みのためには、Ad-Styleへの登録が必要になります。



今期就職活動を始める予定の皆様へ

そろそろ夏のインターンを考える時期になりました。
この度は、皆様の「自分軸=Myスタンス」確立を一歩進めるのに最適なイベントを開催します。

『World Cafe ?未来へのMyスタンス?』と銘打ちまして、
「ワールドカフェ」という対話手法を使い、参加者の「自分軸」を対話を通して深めていきます。

今回は、外資系証券会社であるBNPパリバ証券から、多数の社員様にご参加いただきます。
実際の現場で働かれているBNPパリバ証券の社員の方のお話を聞き、共に対話することで、
より一層「自分軸」を確立することができます。

グローバルリーダーと仲間達とWorld Cafeという対話手法で本気で深く考え、
「自分軸」を決めましょう!
----------------------
■■概要■■
【日程】 6月25日(金)PM18:30-22:00(受付開始 PM18:00?)

【会場】 芝蘭会館 別館 2階 (研修室1)
京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内
※京大正門前より徒歩2分
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.html

【対象】 京都大学 学部3回生、院1回生(2012年卒業見込みの方)

【定員】 40名程度(応募はお早めに!)
※応募多数の場合は抽選となります。
  ご当選者には、追って当日のご案内をお送りいたします。

【持物】 筆記用具

【服装】 私服でお越し下さい!(カジュアル・ラフな服装歓迎)

【共催】 BNPパリバ証券・株式会社グーデックス
----------------------
■■プログラム■■
【ストーリーテリング】
BNPパリバの社員の方から、人生と実際の仕事について、語っていただきます。
実際に働いている方の話を深く聞くことで、自分の働き方・生き方を考える
きっかけにしてください。

【ワールドカフェ】
ストーリーを元に、学生・社会人入り交じって、「ワールドカフェ」という手法で
対話を行います。
食事をとりながら、リラックスをした状態で(まさにカフェにいるような状態で)
それぞれの働き方・生き方を対話を通して深く感じましょう。

【会社・インターンシップ説明】
BNPパリバ証券の会社案内とインターンシップ紹介をしていただきます。
----------------------
■■こんな方に特にオススメです■■
・これから就活を始めるが、特になにも準備していない方
・自己分析をしないといけないと思っている方
・自分の方向性がまだよくわかっていない方
・外資金融機関への就職に興味がある方
・サマーインターンに興味がある方
----------------------
■■参加お申し込み方法■■
Ad-Styleの申し込み画面より、必要事項を記入のうえ
お申し込みください。
⇒ URL:http://adstyle.co.jp/
なお、申し込みのためには、Ad-Styleへの登録が必要になります。



リクルートに関しての記事。後でコメントを付けていこうと思います。取り急ぎ引用しておきます。

 未公開株譲渡事件、ダイエー傘下入り、そして――。今春、創業から50年の節目を迎えたリクルートが3度目の正念場を迎えている。業績が急速に悪化、この1年で6000人が退社するという異常事態に直面する。リクルートに何が起こっているのか。

従業員の4分の1が退社

 「利益を確保するために人を切る。“普通の会社”になったリクルートに未練はなかった」。リクルートのグループ会社を昨年退職したOBはこう打ち明けた。

 「卒業」。リクルート社内では新天地での活躍を願う気持ちを込めて、社員が会社を辞めることをこう呼ぶ。だが、2009年春に始まった人員削減は「卒業なんて耳障りのいい言葉で表現できるものではなかった」という。


 まず、本体やグループ会社で働く契約社員の期間満了に伴う契約更新をやめ、補充を一斉に中止。リクルートスタッフィングやリクルートエージェントなどのグループ会社では、過去に例のない早期退職も実施した。昨年4月に2万5000人いたグループの従業員数は、今年4月には1万9000人にまで減少。企画力や営業力に定評のあるリクルートの退職者は他社から引く手あまたで、人材輩出企業と呼ばれたが、「これではもはや人材排出企業。人材こそが財産の会社だったはずなのに」と別のOBも古巣の変貌(へんぼう)ぶりを嘆く。

 わずか1年で全従業員の4分の1にあたる6000人を減らすという、大規模なリストラに走ったのには、もちろん理由がある。

 「景気の厳しさを感じている。中でも人材(市場)は厳しい」


5月13日、東京商工会議所で10年3月期連結決算を発表した社長の柏木斉は、硬い表情を1度も崩すことなく、こう語った。売上高に相当する営業収益は前の期に比べて26.8%減の7933億円。非上場ながら連結業績の開示を始めた07年3月期以降で初の減収は大幅なものだった。リストラ効果で人件費を2割削減するなどして715億円の営業利益を確保したが、それでも前期比では36.8%もの減益に終わった。

 柏木が説明するように、業績悪化の要因の1つは、売上高の5割を占める人材派遣事業の不振だ。大学新聞向けに企業の求人広告を集める代理店業が祖業のリクルートが派遣ビジネスに参入したのは1987年。業界5位の座に甘んじていたが、07年末に「オー人事、オー人事」のテレビCMで知られた業界最大手のスタッフサービス・ホールディングスを約1700億円で買収し、一躍首位に立つ。


裏目に出た買収策

 04年に社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した柏木は、バブル期の不動産開発とノンバンク事業の失敗で抱え込んだ1兆4000億円の有利子負債一掃にメドをつけると、07年に「今後5年間で2000億円を投資する」と宣言。「10年度に連結売上高1兆円」という中期目標を掲げ、“買い物”を精力的に物色し始める。3000億円を超える売り上げ規模を持ち、6000億円規模だった連結売上高を一気に拡大できるスタッフサービスの身売り話は、柏木ら現経営陣の目に「目標達成への近道」と映った。

 柏木は08年3月期決算で、売上高1兆円という目標の前倒しでの達成を報告。その年の1月に本社機能を移転した東京駅前の真新しい高層ビル「グラントウキョウサウスタワー」の周囲では、肩で風を切って歩くリクルート社員の姿が目に付いた。

 だが、経営陣の得意満面な表情も08年秋を境に暗転する。リーマン・ショックをきっかけにした景気低迷で、製造業を中心に「派遣切り」が続出。派遣労働の規制強化の動きをにらみ、企業が派遣から直接雇用に切り替える動きも相次いだ。10年3月期は派遣事業だけで前の期に比べ1659億円もの減収となった。

 「派遣業界でのキャリアは浅いが、日々活躍している派遣スタッフのための仕組み作りに取り組みたい」。5月25日、業界団体の日本人材派遣協会(東京・千代田)の新しい理事長に就任したリクルートスタッフィングの長嶋由紀子社長は総会でこうあいさつした。

 民主党政権は労働者派遣法改正案の今国会での成立を目指しており、実現すれば、市場のさらなる縮小は必至。リクルートスタッフィングやスタッフサービスなど複数の派遣子会社を抱えるリクルートのリーダーシップに対する業界の期待が膨らむが、リクルート社内や外部の株主企業からは、「派遣事業強化という戦略の失敗はあきらか。業界団体の長を引き受けている余裕はないのでは」と冷ややかな声が漏れてくる。


薄れるリクルートらしさ

人材派遣以外の事業部門も軒並み業績を悪化させている。深刻なのは、かつてベンチャーの旗手として急成長してきた際の「リクルートらしさ」が機能しなくなってきたことだ。「らしさ」の1つは企画・提案力にあったが、もはや、世の中を変えるような新しいサービスを次々に生み出したかつての姿はない。


 「提案が年々、小粒になっている」。リクルート幹部の一人はため息をつく。83年から毎年開催している新規事業提案制度「RING(リング)」。社員の自由応募による新規事業のアイデアを審査し、受賞した提案は実際に事業化する。結婚情報誌「ゼクシィ」や無料クーポン情報誌「ホットペッパー」、男性向け無料情報誌「R25」などはいずれもリングから生まれた。09年度の提案は344件と、前年の半分以下、グランプリに該当する提案はゼロだった。02年に準グランプリとなったR25以来、目だったヒットがない。

 企業風土とも言える強力な営業力もなかなか機能しない。


 同社には社員だけがイントラネットで見られるリクルート用語辞典がある。そこに掲載される「ビル倒し」という社内用語はオフィスビルの1階から最上階までを飛び込みで営業することを意味する。営業力を売りにするリクルートらしい用語だ。「固定電話の受話器をテープで手にぐるぐる巻きに固定し、仕事がとれるまで電話をかけ続けたこともある」と語るつわものも珍しくない。

 しかし、インターネットの台頭で、人材や店舗、旅行を紹介するサービスが相次ぎ登場。リクルートは価格競争に巻き込まれ、看板の営業力だけでは、広告収入を維持できなくなっている。

 リクルートもネットサービスで対抗するが紙の時代の優位性を十分に発揮できないでいる。07年には最新の技術を駆使したネットサービスを企画開発する「メディアテクノロジーラボ」を設立したが、過去の成功モデルを金科玉条とし、変化を嫌う既存事業部門との溝は深く、その役割は限定的なものにとどまっている。SNS(交流サイト)やミニブログなど、ネット界の話題を独占する「ソーシャルメディア」やモバイル分野では、リクルートの存在感は極めて薄いのが実情だ。

過去最大の正念場に

 4月1日、通称「G8」と呼ばれる東京・銀座の旧本社ビルの壁面に50周年を記念して、大きな「年表」が掲げられた。「とらばーゆする」「ガテン系」 ――。創業時からリクルートが生み出してきた数々の情報誌やサービスの名称、その時々の流行語が描かれ、通行人の目を引く。62年に創刊した「企業への招待」は、学生が「就職先を自分で選べる時代」を切り開いた。不動産業界ではいまや常識となっている「80メートル=徒歩1分」というルールを作ったのもリクルートの「住宅情報」だ。リクルートが介在することで、人々の生活に役立つ様々な情報が整理され、「情報の受け手となる利用者は選択肢が大きく広がり、送り手の企業はビジネスチャンスが拡大した」と評する声は多い。


 だが、「企業規模が大きくなるにつれ、自由闊達(かったつ)な雰囲気は薄れ、管理部門が幅をきかす大企業病が目立つようになってきた」とベテラン社員は指摘する。リクルートの門をたたく人材も、型破りな天才肌より、そつなく仕事をこなす秀才が増加。「自分でモノを考えるよりは、指示待ちタイプの人間が増えた」と、ある情報誌の編集責任者はあきらめ顔でこう話す。

 「自ら機会を創(つく)り出し、機会によって自らを変えよ」。創業者の江副浩正の言葉は、リクルートのDNAとして今も語り継がれている。リクルート事件に揺れた88年も、江副が保有株式を譲渡して実質的にダイエー傘下に入った92年も、リクルートは江副が説く「自転」を止めず、時代をリードする新たな情報誌やサービスを生み出し、広く普及させてきた。

 業容拡大を外部企業の取り込みで達成する買収策は裏目に出た。では、リクルートらしさで成長する「自転」の勢いを再び取り戻せるか。リクルートは創業 50年目にして最大の正念場を迎えている。=敬称略

(産業部 小川義也)



好評につき追加日程決定!!

こんにちは!
中央大学法学部法律学科4年 川目裕也です。

来たる6月13、15日に今年から就職活動を始める3年生を対象に、少人数制(9名限定)の就活セミナーを開催することになりました。

3年生はそろそろ就活という言葉が出始める時期ではないですか?

とりあえず何か動き始めなくちゃと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。

「でも、そもそも就職活動って何するの?」

そういった会話をよく聞きます。

私も去年のこの時期にそういった不安や悩みがありました。

そこで、同じように漠然とした不安を抱いている3年生のために少人数制で就活セミナーを開くことにしました!

『なぜ、少人数制?』と思った方もいると思います。

それは少人数制にすることで、模擬面接や個別相談を可能にし、一人ひとりに合ったアドバイスやお悩み解決をしていきたいと思ったからです。

そして私たちはこのセミナーを通じて、漠然とした就活の全貌を明らかにし、今やるべきことを理解してほしいと思っています。

【こんな人は参加♪】
□就活に漠然とした不安がある方
□面接の雰囲気を体感したい方
□まず何をしたらいいか知りたい方

■ セミナー内容■
18:00 講師による講演 ?企業が求める人材・企業選びのポイント・自己分析の仕方・就活スケジュール?

19:30  模擬面接&個別相談会 ?プロの方に面接官をして頂けるチャンス!また、就活経験者による、個別の就活進路相談?
 
20:30  交流会 ?特別ゲストとして社長をお呼びしました!講師の方、就活経験者とフランクに縁を築こう?
 
■詳細■
主催:学生団体MSA
日時:2010年6月13日 or 15日 18:00?21:00
会場:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル4階
株式会社Miraie 会議室
17:30に「麻布十番駅」1番地上出口、
もしくは「広尾駅」1番地上出口にお集まり下さい。
会場まではスタッフがご案内いたします。
対象:これから就活を始める12年卒の方
費用:2000円(当日お支払い頂きます。)
持ち物:服装は自由、筆記用具、課題(お申し込みいただいた方にお送りします。)
定員:各日9名
お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/8a65e3f0104044

■ 講師 
?谷津 孝啓?
・略歴 
2006年4月、株式会社エージェント・テクノロジー・グローバルソリュー ションズへ新卒入社。
女性に特化した求人メディアの立上げ、新卒採用コンサルティング事業の立ち上げに関わり
幅広く企業の採用業務のコンサル ティングに関わる。
2009年1月、創業期の(株)Miraieへ入社し大手企業を中心とした
新卒採用コン サルティングを事業化し、大手企業を対象に新卒採用業務のアドバイザリーに携わる。
Miraie Student Academyの運営事務局長として学生のサポートや相談窓口を担当。
またベンチャー就職ナビのオフィシャルセミナー講師も担う。
==============================================================
※ 定員になり次第受付終了させて頂きます。予めご了承下さい。
==============================================================
【受講者の声】
面接で自分がどれほどできないか自覚できました。
危機感を持てて嬉しいです。これほど充実したセミナーをやっていただける機会を提供していただき、ありがとうございました。
(東洋大学 K君)

すべてに新しい刺激を受け、期待以上の収穫がありました。
また、谷津さん、中村社長の話が魅力的で感動しました。
自分に足りないものが次々に出てきて大変勉強になりました。3人の先輩方も親切で話しやすく大変ありがたかったです。
(上智大学 Y君)

【お問合せ先】
お気軽にどうぞ!
川目裕也
08011738618
hirake50000-n.@docomo.ne.jp



『絶対にあきらめるな』

ちょうど中学1年生か2年生の頃の話です。

当時中高一貫の全寮制の学校に通っていたので、寮のテレビで高校野球を見ていました。久しぶりに九州勢が決勝まで進んだこともあり、熱心に応援していたのを覚えています。

まずはこの映像を見て下さい。10分ほどありますが、全て見るに値する内容だと思います。1996年(第78回)夏・ 決勝(松山商業-熊本工業)9回です。




9回2死から奇跡が2度起きた試合です。熊本工・沢村の起死回生の同点ホームラン。そして、10回裏のサヨナラのピンチを救った松山商・矢野の“奇跡のバックホーム”は圧巻です。

本当に鳥肌が収まらず、涙しながら見た試合でした。最後の最後まで勝負はわからない、諦めたら試合終了だと心に刻んだ瞬間です。

高校野球には本当に多くのことを学ばせてもらっていると感じます。さらに、高校野球では名場面というのが付き物です。おそらく一回負けたら終わりという緊迫感と、体力、気力ともにギリギリのところで行われるというのが名場面を生むのかもしれません。そして、その場面までの努力といった背景が人々に感動を与えるのでしょう。

今現在、絶対に諦めないことはもちろんのこと、どうやったら名場面と言われるほど相手に感動を与えられる仕事ができるのかと考えさせられる高校野球の1シーンでした。

企業紹介

    HRdirection株式会社

twitter



プロフィール



    詳しい自己紹介はこちら
    【略歴】
    HRdirection株式会社 代表取締役

    【好きな本】
    ・理性の限界
    ・知的複眼思考法
    ・愛するということ
    ・自由からの逃走
    ・Free
    ・決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣
    ・仕事と幸福、そして人生について
    ・アニマルスピリット
    ・夜と霧
    ・ブラックスワン
    ・最強組織の法則
    ・ビジョナリーカンパニー2
    ・人を動かす
    ・「原因」と「結果」の法則
    ・ローレンツカオスのエッセンス
    ・カシコギ

    【好きな言葉】
    「あなたが無気力に生きた今日は、
    昨日苦しんで亡くなっていた人たちが、
    あれほど生きたいと願った明日」
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

RSS 1.0RSS 2.0

ane会

    Ane(アネ)会は「人生を楽しむお姉さんのためのライフスタイル」を提供しています
    ane会



Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー



ブログランキング

    今日のランキングは何位?
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
    sblog88.gif